参考資料

国内のガイドライン 診療・連携等の資料

プライマリーケアのためのガイドラインや学校と医療との連携ガイドライン、摂食障害支援拠点病院の資料などがダウンロードできます。

摂食障害の診療連携のための指針、初期診療の手引き、受診案内

摂食障害について診療の連携を促進するための指針、受診案内、初期診療の手引きです。平成29年度~令和元年度に日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けた「摂食障害の治療支援ネットワーク指針と簡易治療プログラムの開発」(課題番号JP17dk0307067)の成果物として作成されました。
精神科領域における摂食障害の連携指針
摂食障害診療に関わる精神科診療機関の連携について原型と文書資材を示すことで、より多くの診療機関の円滑な連携構築の助けになることを目的としています。
身体科領域の摂食障害の連携指針
摂食障害患者が直接受診した場合と、精神科から身体管理目的で依頼された場合の両方を含む、身体科領域(内科、小児科、産婦人科、救急科)において利用可能な連携のための対応を示しています。
神経性やせ症(AN)初期診療の手引き
摂食障害を専門としない医療機関(一般内科や、摂食障害を専門としない心療内科、精神科)での神経性やせ症患者に対する初期診療の手引きです。
摂食障害に悩むあなたとサポートする方々への受診案内
摂食障害の患者様やご家族の中には、まずどこに受診したらいいかわからない、という方が多くいらっしゃいます。この受診案内は、そんな方々に対して適切な受診先を案内するために作られました。

摂食障害に対する認知行動療法CBT-E簡易マニュアル

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター研究班(平成29年度国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神・神経疾患研究開発費研究事業「心身症・摂食障害の治療プログラムと臨床マーカーの検証」)が作成した、神経性過食症に対する認知行動療法(CBT-E)の簡易マニュアルです。神経性過食症に対する認知行動療法は、本マニュアルに従って実施した場合に算定できます。

摂食障害治療支援コーディネーターのための相談支援の手引き

摂食障害支援拠点病院において相談支援を担当するコーディネーターが、摂食障害の患者さん、ご家族、関係者等から相談を受ける際の手引きです。

学校での摂食障害対応指針

学校と医療のより良い連携のための対応指針
摂食障害に関する学校と医療のより良い連携のための対応指針です。エキスパートコンセンサスに基づき作成されており、小学校、中学校、高等学校、大学のそれぞれの現場での使用を想定した構成となっております。平成26年度~平成28年度において厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業〔精神障害分野〕)「摂食障害の診療体制整備に関する研究」の成果物として作成されました。
学校と医療のより良い連携のための対応指針 小学校版
・分割版:小学校
表紙・目次(1.39MB)
付録(1.05MB)
学校と医療のより良い連携のための対応指針 中学校版
・分割版:中学校
表紙・目次(1.37MB)
付録(0.99MB)
学校と医療のより良い連携のための対応指針 高等学校版
・分割版:高等学校
表紙・目次(1.41MB)
付録(0.99MB)
学校と医療のより良い連携のための対応指針 大学版
・分割版:大学
表紙・目次(1.43MB)
付録(993KB)

養護教員向け研修会スライド資料

養護教員の先生方に向けた研修会のスライド資料を公開しています。摂食障害についての解説と、学校での摂食障害対応指針の解説がダウンロードできます。

国内のガイドライン

摂食障害治療ガイドライン
日本摂食障害学会監修, 「摂食障害治療ガイドライン」作成委員会編集
医学書院(2012)
ISBN-10 4260014439
小児心身医学会ガイドライン集―日常診療に活かす5つのガイドライン
改訂第2版 日本小児心身医学会編集
南江堂(2015)
ISBN-10 4524261656
神経性食欲不振症のプライマリケアのためのガイドライン
一般医の方が、本症の重症度に応じたプライマリケアを適切かつ迅速に行い、さらに専門医と連携するための留意点と指針を示しています。平成17~19年度 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 難治性疾患克服研究「中枢性摂食異常症に関する調査研究」の分担研究で作成されました。

各支援拠点病院のリーフレット

宮城県摂食障害支援拠点病院
千葉県摂食障害支援拠点病院
リーフレット(2.38MB)
静岡県摂食障害支援拠点病院
福岡県摂食障害支援拠点病院